カーテンのスタイル 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMSサイト管理画面

Top / Curtain / About curtains / style

About curtains

style

カーテンのスタイル


カーテン  一般的な横に開閉するカーテン


プリーツカーテン

仕上がり幅に対して、何倍かの生地を使用してカーテンを仕立てます。
1.5倍の生地が収まるようにヒダをつまんだものを『1.5倍ヒダ』、2倍は『2倍ヒダ』といいます。
既製品のカーテンでは、1.5倍ヒダが一番よく見られるスタイルです。
ヒダの違いで、ウェーブの出方や遮光性が変わってきます。

    


フラットカーテン

プリーツをとらないフラットな仕上がりで、1枚の布をかけたようにすっきりとしています。 
仕上がり幅はレールに対して1.1~1.2倍でお作りし、少し緩みをもたせています。
緩やかで自然なウェーブとなります。
プリーツスタイルよりも使用する生地が少ない為、価格が抑えられることもあります。

    


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

プレーンシェード  上下に開閉するスタイル


プレーンシェード
生地をたたみ上げる為、窓の両サイドがすっきりとします。
閉めるとフラットになるので、柄のある生地で作るとファブリックパネルのようになります。
チェーン操作なので直接生地を触ることがなく、汚れにくいのもメリットです。

    

ツインシェード
ドレープとレースを両方ともたたみ上げるツインのシェードです。
よく出入りをするような窓だと毎回チェーンで上げ下げしないといけない為手間に感じるかもしれません。

    


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ハトメ&ポール通し

ハトメタペストリー

ハトメのタペストリー型カーテンです。
両サイドにヒモが付いていて、中央で結んだり上にかけたりと色々な型を楽しめます。

    


ポール通しスタイル ~カフェカーテン~
小窓など開け閉めしない小さな窓にぴったりです。
1.5~2倍ほどギャザーを寄せて作ることがほどんどですが、寄せずに作ることもできます。

    


ポール通しスタイル ~のれん~
和風のお家にぴったりです。
出入りの多い箇所の間仕切りに使われます。
のれん受けは、棒が落ち難いように深めに作られたタイムコレクションオリジナルの木製のれん受けです。

    


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

メカ物

プリーツスクリーン

和室にぴったりな和紙調の生地が人気です。

    


ロールスクリーン
目隠しや間仕切りによく使われます。

    


ウッドブラインド
木目のブラインドです。